ノムラユーリ

実に不思議な事に、力を入れて書いた小説は擦りもしないのに、適当に書き散らかした小説の方が一次や二次を抜けていく。 やはり肩の力を抜くのも大事なのだと私は思っている。
10件・4件
同じような経験あります。
1件
坊や肩の力を抜きなよ。ウホ。なんて言いながら文章にも肩こりがあるんじゃないかと思います。作家さんは書いた文章を推敲する時、たくさん削ると聞いたことがあります。推敲で足すのではなく削る。力を入れて書いた文章ほど無駄なものが多いこともあります。読み直して少し削ってみたらどうでしょうか?
1件2件
いや、もう、まさにそれですな!
1件

/1ページ

2件