薄海れこ

大人のラブロマンスでありながら、かわいいよおまえたち。
完結おめでとうございます。20万字超の大作、本当にお疲れ様でした。 「甘くて苦い、大人の恋。ラブロマンス」特集掲載の本作。新任でやってきた大学の心理学講師・安藤が、学部生の香奈と出逢い、お互いの距離を近づけていくという、実にロマンスに満ちた物語です。(なんて結構いきなり近づいちゃうからもうドキドキよこっちは!) やっぱり先生と学生の恋ってロマンスたっぷりなんですよね。それでいて大学ともなると、結構アリな領域。私自身、女子大に通っていたときは「●●教授、今日は紫のネクタイをしておられるわよ!」というグループLINEが駆け巡るほどみんなで仲良く熱狂していたので(やばい)、本作のふたりの関係性は羨ましいかぎりでした。 心理学をモチーフにする作品だからこその魅力、本作では「恋愛とはなにか」を学問の視点から探っていきます。先生、勉強のことならもちろん饒舌なんだよね。それなのに自分のことはヘロヘロしてんのよね、なあおいかわいいかよ。 また、ふたりの関係性が実にリアリティに満ちているのは、この舞台設定の具体的さや、様々な登場人物との掛け合いによるテンポのよい会話があると思います。 そしてじっくりとお互いの内面を知り、信頼関係を深めていく恋愛こそ、大人の恋。それでいて、「大人なのにかわいい」を味えるなんとも贅沢な作品です。 もっともっと読者さまが増えますように(ㅅ •͈ᴗ•͈)アナザーストーリーも楽しみにしております♡
1件・1件
薄海れこさま このような素敵な感想ありがとうございます。感激しております…連載中は私の気持ちが盛り上がるコメントを頂きまして、本当にその日の活力になっておりました。ありがとうございました…!! 一貫して先生を可愛いと言ってくださったことで、私がツボに感じていたポイントがあながち間違っていないことの後押しになっていました。高い感度で読んでくださって重ねてありがとうございました。 突飛なアイデアや作風に憧れることもありますが、いえ、これも別によくある設定でもないんだと思うのですが、こんな限られた世界で好きに恋愛模様を書けて、しかも読んでくれる方がいることに充実を感じる毎日でした。 解き放ちた
1件

/1ページ

1件