越後屋 涼

終盤に差し掛かると、読み終わりたくないと思えてくる
幽霊なのにめちゃくちゃポジティブで明るい主人公が印象的です。それでも、幽霊ならではの葛藤があったり、悩みや心残りなどがあったりするのを、ひとつずつ丁寧に解決していくのが小気味良い。そして終盤に差し掛かると「ああ、終わってしまうのだな」というのがヒシヒシと伝わってきて、その頃になるとページをめくるのがもったいないような気がしてきました。
1件・2件
越後屋様! 気が付くのが遅くなってしまい、申し訳ありません。 読んでくださって、レビューもありがとうございます(*^-^*) 終盤、ページをめくるのがもったいない…なんて本当に嬉しい褒め言葉です! 生前の心残りを、解決するのが小気味いい、といってくださってとても嬉しかったです(*^-^*) 素敵なレビューを本当にありがとうございます!
1件1件
とんでもない、わざわざありがとうございます! これからも素敵な作品を作り続けてくださいー!
1件

/1ページ

1件