新開水留

こんばんわ、新開です。 「夜から生まれし獣」ありがとうございます。 芸術の秋って言いますから、この僕も御多分にもれず食欲が止まりません。でもって、相変わらずの集中力不足。「よるけも」は個人的に書いててものすごく楽しいです。ですが物語が佳境に入ってくると、書ける内容も限定されてくるんですね。ここから新たな展開へ、とかやりだすと本気で終わらなくなりますから。 だけど書きたいことはまだまだあるんですよ。アイデアだけは出てくるんです、物語になる前のワンシーンが。なので今作が終わった後の予告なんかを、気が早いですが今から宣言しておいて、少しでも未消化分を昇華させてあげようかな、なんてダジャレを滑りこませてみたり。 本当は今でも書いてる途中の作品が残っていて、順番でいけばそっちを先に終わらなくちゃいけないんですが、いかんせん集中力不足。脇見運転しちゃダメ、だけど脇見執筆をしがち。 そんなこんなで次回以降の作品タイトルを書き残しておきます。 お、いいね、読みたいね、って思ってもらえると嬉しいです。 ・『東京デスメタル』(仮)  伊澄翔太郎と関誠の出会いのお話。途中まで書けていますが、なかなか戻れない。 ・『骨落』  次回作のホラー中編。これで最恐コンテスト間に合わないかなー? ・『一日の終わりに』  短編ホラー。これは書かない、書けないかも。 ・『幻覚通り鏖商店街』  これが目下書きたくて仕方ない(笑)、ファンタジークライムアクションコメディになりそうな、そんな奴。設定からしてすでに似た作品があるので、オリジナリティを発揮しながらどうしても書いておきたいお話。……来年かなあ?

この投稿に対するコメントはありません