空色ねずみ

自分の子供に読ませたいです
まだ上の子も年少なのですが……(笑)。 遅ればせながら、最後まで読ませていただきましたので感想を。世界観にどっぷりと浸かりながらとても楽しませていただきました。タイトルの通り、最後まで読ませていただいて一言目の感想は子供に読ませたい、でした。王道ストーリーのジュブナイルノベルと書かれていましたが、本当にそうで、自分が子供の頃に出会っていたら本当に心躍らせて興奮して読んだだろうなあ!と(いや、年甲斐もなく心踊りましたが)思ってしまいました。プリントアウトできれば子供が小学生くらいになったら渡したいんですが……! 世界観も圧倒的なスケールかつ独特なのですが、それをさらっと読ませてしまうところがさすがだと思います。また、登場人物たちがとてもとても素敵で。最初、主要人物が六名もいると大変そうだなあと思っていたのですが(すみません、人物が多いと頭のキャパがすぐオーバーするので)、全く杞憂でした。それぞれのキャラクターはとても個性的で、そして全員が超人的でもあるのですが、全然造りものっぽくないんですよね。全員のカッコイイ見せ場もあって、もちろん仲間同士の絆もあって……物語の世界で生きて苦しんで、存在しているかのような人物たちと、一緒に冒険している気分を味わうことができました。素敵な時間をありがとうございました。 個人的にはリンファさんラブで、最初から最後まで彼女をハートマークで追いかけていました(笑)。強くて毒舌で格好良い、理想の女性ですー!  また、いつか彼らの姿が見られるかな?と勝手に期待しております。それでは、長文でお邪魔しました。失礼します。

この投稿に対するコメントはありません