村崎夏生

隙だらけになって!
隙のある文章、わかるようで実際に書くのは難しいよな〜と思いながら読んでいました。「ランドリー」未読なので恐縮なのですが(すみません!!)ふたりは互いのことを思っているから隙がないのだよな〜不器用さんめ〜〜ともどかしくなりながら(とくに吉崎を!)応援していました!(途中うるさくしてごめんなさい笑) 最初のほうに出てきた「後ろから撃たれても気づかないくらいの隙をちょうだいよ」というセリフがすきです。最後、二時半を過ぎた景色のなかにいるふたりは、きっと後ろから撃たれても気づかないよね、気づかないといいなあ、それくらい互いに隙見せていてほしいなあ、どうか気づかないでいて!これからは仮初めでなくどうか隙のある本心で言葉を交わして!というようなことをおもいます。 わたしは撃ったりしないけれども、でもなんかふたりのことをずっとうしろからはらはらせつなく、ときにわーーい!となりながらみていたような気持ちです。 おもしろかったです、ありがとうございました!
1件・1件
村崎さんへ 読んでくださってありがとうございました! まさかBLなのに?!とびっくり仰天でしたが嬉しかったです。編集さんのお仕事は、どうか目をつぶっていただければ幸いです(笑)。 隙のある文章、難しいですよね……。私も自分で書いておきながら全然わかりません! ランドリーは、振りでもなんでもなく「読まないで〜!!」なので大丈夫です(笑)。なにしろ三年は前の作品なので、文章的にアレやコレやだと思いますので!!(今もですが笑) 面白かったと言っていただけたこと、本当に嬉しかったです。 ありがとうございました!

/1ページ

1件