貴重なご意見、ありがとうございます。 セリフについては、若者らしさを残しつつも、くだけ過ぎたものにならないよう気を付けたいと思います。 一章が終わった頃に手直しを加えようとも思います。 書くからにはいい作品にしたいので、他に気になる点・粗があれば御一報を<(__)>

0/1000 文字