霙から雪になる

5/16
3152人が本棚に入れています
本棚に追加
/375ページ
「タグがとれそうだったから、修繕しようと思って裁縫箱近くに他のと一緒に置いてたんだった…。」 えへへ、と巳悠さんが笑う。 「良かった、無事に見つかって。」 そのまま巳悠さんを抱き締める。 「ちょ、銀…」 巳悠さんの髪に顔を埋める。 「し、修論は…?」 「まだ仕上がってません。」 「提出、近いんでしょ?」 「はい。」 「じゃあ、早くやんなきゃね?」 「…」 顔を離して巳悠さんを覗き込むと、すごく切なそうな顔をしていた。 どうせまた、 《銀の迷惑になっちゃいけない》 とか考えているに違いない。
/375ページ

最初のコメントを投稿しよう!