1章:俺はあたしで、あたしが俺で

1/6
45人が本棚に入れています
本棚に追加
/78

1章:俺はあたしで、あたしが俺で

「どうしよっかなー… このテスト……」 俺は学校帰りに呟いた。 なんで0点なんだ? 中学1年の時は、名前を書いただけで10点ぐらいはくれてたのに… 担任が代わってからだよ。 こんなに厳しくなったのは… …にしても、どうしよう? また母ちゃんにシバかれちまう。 う~… 足が重い。 大体、なんでテストなんてもんがあるんだ? テストの点じゃなくて、俺を見てくれよ。 色々あるけど、70点ぐらいの出来だと思うぜ。 0点って言うのは、あまりにも酷すぎるじゃねーか!!! 何度見ても0点のテスト。 一度カバンに入れて、見直してみても0点のまま。 こうなったら いっそ食っちまおうか… いやいや、ヤギじゃねーし… 俺って素直だから、顔に出ちまうからな~… 絶対、母ちゃんにバレちまう… この前だって、帰ったとたん、「今日テスト返して貰ったでしょ!」って、俺の前に仁王立ち。 どうも、同じクラスの奴に聞いたらしい。 「は、は、腹痛ぇ~!」 なんとかトイレに逃げ込んだものの、外からドアを叩きまくりやがる。 ホラー映画のゾンビに襲われる気持ちがよくわかる。 赤ペンを取り出し、0点の左横に10を書き足す。 大きく深呼吸… よしっ! 満面の笑顔でトイレから出て、テストを見せた。
/78

最初のコメントを投稿しよう!