5章:馬鹿にすんなよ!

1/5
45人が本棚に入れています
本棚に追加
/78

5章:馬鹿にすんなよ!

……く、臭い。 そりゃマンホールの中だもんな…… 暗い地下道を、爺さんの背中を頼りに付いて行く。 幸い爺さんの服が白なんで、わかりやすい。 2人の足音しかしない、真っ暗な空間…… なんか気持ち悪い。 「……あ、あの~……」 恐る恐る声をかけてみる。 「もうすぐ着くから……」 何とか臭いには慣れたんだけど、余りにも気味が悪過ぎる。 大体、お前は誰なんだよ…? 俺を助けてくれたのはわかるけど、何で白衣の爺さんが銃を持ってんだ? しかも、マンホールの中って……? 「さあ着いたぞ!」 着いたって言われても、相変わらずの真っ暗な地下道…… よく見ると、壁にちっちゃな扉が1つ…… 爺さんがロッカーみたいな扉を開ける。 なんだぁ~! ここは……??? 明るい… 明る過ぎる…… 照明の明かりが目をさす。 さっきまで暗闇にいたせいで、余計にも思っちまう。 それよりも、なんだこの部屋……? 理科の実験室…… いや、まるでちっちゃな研究室みたいだ。 「いつまでも、そこに立ってないで、こっちに座ったらどうじゃ?」 キョロキョロしながら、部屋の真ん中にある、大きな机のそばの椅子に座る。 「……さっきは大変じゃったのう」 「……は? ……あ、はい…」 落ち着け、落ち着け…… ……って、落ち着いてる状況じゃね~だろ! 「でもなんでお嬢さんは、ブラックスーツたちに追われてたんじゃ?」 また出たよ…… ブラックスーツ…… 「……それって、ひょっとしてさっきの黒い2人組の事…?」 「2人組…? ああ、そのブラックスーツたちの事じゃよ」 あの2人、ブラックスーツって名前なのか…… それって、コンビ名なのか、それともユニット…… 最近テレビとか見てないんで、わかんないぞ…… 「レッドカードを持って無かったのかい?」 レッドカード…… 確かあのコンビも言ってたな。 なんだよそれ? 「……あの~… さっきのコンビにも言われたんですけど、そのレッドカードって何なんですか?」 「な、なにぃーーー!!!」 突然大声を出す爺さん。 あれ? 俺、何か変な事言ったか……?
/78

最初のコメントを投稿しよう!