ダブルリング

夫に嘘をついている。私の人生最大の罪。それは、夫の友人との恋……。

アカリ

恋愛 完結 過激表現
5時間30分 (197,630文字)

1.8万 1,700

あらすじ

詩織、隼斗、礼央。 三人の10年を辿ります……。 「夫の他に好きな人がいます。 もう、10年も……」 「礼央がいなければ、俺は君には出逢えない!!」 ダブルリング。 決して手放せ

タグ

感想・レビュー 3

桜の咲く時期になると思い出し、読み返したくなるとても大切な小説です。
1件
ヤバい!感動しました。 隼人が、最後に幸せになってくれて良かった。 人を愛するって、難しいのかも…
1件
隼人が切なすぎて泣きました。 不倫はいけないと思うけど、詩織と隼人はそれだけでは片付けら れない繋がりみたいなものがある感じです。それを思うと胸が痛い。 回りの登場人物の役割にも切なさを感じました。レ
ネタバレあり
6件

この作者の作品