冗談じゃない!

2/10
715人が本棚に入れています
本棚に追加
/113ページ
  翌週、仕事から帰ったアタシに祖父がしきりに瞬きをしてくる。   目にゴミでも入ったのかと思って見ていた。   食卓テーブルにつき、ご飯を食べながらも祖父を見ていると、何度もこちらを見ては瞬きをする。     『お爺ちゃん、どうしたんですか? 目の調子がおかしいんですか?』   祖父に気付いた母が声をかけると、いやと答えしょんぼりした。     食事を終え片付けたあと部屋に入ると、暫くしてドアをノックして祖父が入ってきた。     『あ、お爺ちゃんどうした?』   『菜々子、わしがウインクしたの気付いたか?』       あ、あれってウインクだったのかい。     『ごめん、気付かなかった』   そう笑うアタシに祖父が笑顔で話し出した。     『えーとな、喜んでくれたぞ』     その言葉でアタシもピンときた。     『藤田さん?』   『うむ。凄く喜んでくれた』   祖父が零す笑顔にアタシまでもが笑顔になる。     『良かったじゃん。ねぇ藤田さん何て言ってた?』   祖父をベッドに腰掛けさせ、アタシも隣に座った。  
/113ページ

最初のコメントを投稿しよう!