『神隠し』解明大作戦!

49/74
348人が本棚に入れています
本棚に追加
/848ページ
 いったん無線から離れたリュウの傍ら、レオンが必死に祭壇の文字を指で辿っていた。ある程度まで来ると、隣のティナに声を掛ける。すると彼女は手に持っていた小瓶の中身を数滴祭壇に垂らした。  祭壇にこれまた治癒術の文字が刻まれていると発見したのはレオンなのだが、長年放置されていた祭壇には細かい埃が積もって固まり、とても読める状況ではなかった。そこでティナ特製の秘薬が登場。これで埃を少しずつ溶かして文字を浮き上がらせる作戦だ。最も、やりすぎれば文字まで溶ける危険があるので、薬は慎重に垂らさなければならないが。  まだ時間がかかると察したリュウは、自分の仕事に戻る。無線でフローラとバートに連絡を取るまでは、タツキと二人で聞き込み調査をしていたのだ。ちなみに彼は現在、二番隊の隊長ライナーに話を聞いている。  他をあたろうときびすを返しかけたリュウを、タツキの声が呼び止めた。 「リュウ、悪いけどガキと女は外に出しといてくれるか? 先に話聞いといたから」 「……構わないが、あんたがそんな事心配するのも珍しいな」 「心配なんざしてねーよ。なんかあったらオレが面倒なの。なんたって隊長サマだからな」
/848ページ

最初のコメントを投稿しよう!