全4/10エピソード・休載中
6/39

夢を見ていた・・・ どこかの大聖堂で、僕は祈りを捧げている。 見上げるとステンドグラスの窓から仄かな明かりがさしている 大聖堂の中心では黒髪の女性が歌を歌っている。 僕は静かに近寄って行く。 女性の歌声が悲鳴に変わって行く・・・。 目を覚ますと僕は大量の汗をかいていた。 喉が乾いたので旅行鞄に入れた飲み掛けのお茶を探すが、空港で取り上げられたのを思い出し、フロントに電話してミネラルウォーターを持ってきてもらった。 持ってきてくれたのは、部屋まで案内してくれたブロンドの女性。 彼女から水を受け取ると、挨拶も早々にその場で一気に飲み干した。 「大丈夫?」 「あぁ、ありがとう。」 「何かあった?」 「いや、本を読みながら寝てしまって・・・きっと疲れてるんだ。」 「そうね、とりあえずスタッフを呼んでベッドメイクさせるわね。」 「ありがとう、ところで、この辺でレストランとかはないかな?」 「レストラン?」 「あぁ、ここに着いてから何も食べてないんだ。」 「そう・・・あなた、この土地に来るのは初めて?」 「そうだよ」 「じゃあもうすぐ仕事が終るから、一緒に食べに行きましょう、5分後にフロントで会いましょう!」彼女はこちらの返事も聞かずに出て行ってしまった。
6/39

最初のコメントを投稿しよう!