序章
全1/3エピソード・休載中
1/25

序章

そこは深い地下の底。 全てを拒絶するかの様な闇。 その中、僅かにレンガの隅に蔓延る光ゴケの微弱な光のみが浮遊しているかの様に強調されている。 その光は奥にいる“何か”を静かに見守るかの様に、永遠とも思える時間をその“何か”と過ごした。 ──── ─── ─ 淀んだ空気が体を包む。 いつしかそれすら心地よく思えた。 しかし、願う…否、渇望する。 孤独からの解放を。 世界からの解放を。 届いて… 我が… 全ては揃いつつある。 物語の歯車は今、動き出した
1/25

最初のコメントを投稿しよう!