第1章 5話 プロキオン

1/6
44人が本棚に入れています
本棚に追加
/26

第1章 5話 プロキオン

冬休み開け、マイオニーは少しは元気になったみたいだった。 「待って、ロキ!」 「?…マイオニー!大丈夫ですか?」 「えぇ、平気。心配ばかりかけてごめんなさい」 彼女と話をするのは久しぶりだ。 イオは彼女に、俺はハリーに付き添うと決めていたから… 「イオに…酷く叱られたの。いつもの私じゃないとハリーも余計に話づらくなるって」 「イオらしい…久しぶりですね」 「ロキはずっとハリーの側だったもの」 ハリーは相変わらずだったけど、マイオニーは少し乗り越えてくれたみたいで安心した。 「それもですけど、貴女に笑顔が戻ったことですよ」 「えっ…あ…そ、そうかしら?」 恥ずかしそうに俯く彼女としばらく笑いあった。 「今から勉強ですか?」 「えぇ、マリーに薬草学を教える約束なの」 ホッとした。 でもまだ終わりじゃない。image=233036573.jpg
/26

最初のコメントを投稿しよう!