番外編 店

14/15
1744人が本棚に入れています
本棚に追加
/307ページ
狭い路地裏を彼に手を引かれて歩く。 ずっと、この手を離したくない。。。でも、それは出来ない。。。 私「車拾うから…またね。」と手を離した。 凌「今度は、ゆっくり話そうな。」と、私をハグした。 一瞬だったけど、彼の腕に抱かれて、幸せだった…。 車に乗り、笑顔で手をふった。 でも、角を曲がったら、涙がでた。 涙が止まらなかった…。 客でいいから。 クラブの客になって、彼の時間を買いたい!! もっと、側に居たい…。 そんなことを思ってしまうほど、彼を好きな自分が悲しかった!! でも、私には出来ない!! 私は、彼の友達でいるしかないのだから…。 彼が好きで居てくれる私を、崩すことは出来ないから…。 それでも、側に居たいから…。
/307ページ

最初のコメントを投稿しよう!