雪解け

6/7
2068人が本棚に入れています
本棚に追加
/169ページ
「ずっと麦ちゃんの事が好きだった。 1年くらい前に、屋上から体育をしてる麦ちゃんを見た時から好きだったみたい。 好きだって自覚したのは初めてまともに話した日だけど…。 それに、前…陸が俺が井川の事好きって勘違いした話しただろ? あれ、俺が井川といる麦ちゃんを見てたからなんだ」     渚くんは照れたような笑みを浮かべた。     「あたし…あたしもずっと好きだった。 入学式の日に…渚くんのキラキラした笑顔見て…。 前にあたしの運命は変わったって言ったでしょ? あれは…渚くんを見つけたから。 渚くんを好きになって、世界が変わったの」     伝えきれない想いが涙となって流れていく。   渚くんはそっと涙を拭ってくれた。     「麦ちゃん、好きだよ」     「…あたしも…渚くんが好き」     あたし達は、2人して顔を赤くしながら笑った。    
/169ページ

最初のコメントを投稿しよう!