その後

9/10
2067人が本棚に入れています
本棚に追加
/169ページ
きっとこれからも、こうやって恥ずかしい思いをしまくると思う。   でも、それは渚くんが素直に気持ちを出してくれるから。   『麦ちゃん、好きだよ』   って笑っていてくれるだからだと思う。   いつかは慣れるのかな?   それは分からないけれど、いつかはあたしも渚くんみたいに素直になれるのかな?     「渚くん」     「ん?」     「……何でもない」     「何、何? あっ、麦ちゃん照れてるー! 可愛いなぁ…そんな麦ちゃんも好きだよ!」     あたしは一生かかっても渚くんには勝てないよ…。    
/169ページ

最初のコメントを投稿しよう!