伝説

1/2
13人が本棚に入れています
本棚に追加
/31

伝説

  この世界の過去ー… それはある戦いから語られる。 かつて遥か昔、世界はある神によって、混沌とした時代を迎えていた。 邪神ゼイルシア 死を司る神 大地は死と絶えぬ血で溢れ、 静寂と悲鳴 鳴咽と暗澹 歎きと絶望が地上を覆い尽くし、世界は闇の中をさ迷っていた。 神とは本来、役目を担い 世界を構築するもの 役目には絶大な力を持つが、 役目から離れ、枠組みから外れることはできない存在。 もとより他の神々にはゼイルシアを止めることは不可能であり、 ただ悲哀の涙を流し、懇願するしかない。 しかし、 唯一、彼に対抗する神があった。 それは、豊饒の神レキアトス 彼女は命を与えることを許され、恵みと癒しの力を持つ女神。 生命の、祝福と命運を担う彼女の役目は、ゼイルシアの力を打ち消す唯一の神だった。  
/31

最初のコメントを投稿しよう!