滅亡の瞬間
1/2
5/31

滅亡の瞬間

  あちらこちらから、悲鳴が聞こえる。 燃え盛る家から 道端から 焼け落ちる音と業火のような炎の音に雑じって、怒号と断末魔が。 まるで悪夢のような世界。 「王妃様、ミハリア様」  護衛の兵士が、鬼気迫る様子で扉から漏れる煙を防ごうとする。  やがて炎はここにも侵入を果たすだろう。そうなれば、もはや退路はない。  なぜこのようは部屋に逃げ込んだのか。  否、逃げ込んだのではない。  王妃ミハリアは、今まさに儀式の最中であった。 「ミハリア様、お急ぎ下さいまし。魔獣が放たれております、見つかるのは時間の問題でございましょう」  巫女の一人が、赤子を抱きひざまずくミハリアに告げる。  神儀の間。  ここは儀式を執り行う部屋。 「……この子は、無事に育つのでしょうか」  苦しみに満ちても尚、美しく整った顔。その双眸は、腕の中の赤子に向けられていた。  健やかに眠るその稚い額には、エンブレムのような紋様が記されている。 「女神レキアトスの御加護がございますわ。必ず、ご立派に成長なさって、やがてこの地に御帰還下さいます」  王妃を励ますように、少しも不安も見せず巫女は言った。  そこには、少なからず自身の願いも篭っていたが、しかし心から信じているのだ。  この赤子こそ、世界の希望、と。  だからこそ、ここで死なせるわけにはいかない。  失うわけにはいかないのだ。  
5/31

最初のコメントを投稿しよう!