第五節 世界から離隔されし物達

45/63
25677人が本棚に入れています
本棚に追加
/262ページ
「まさかとは思っていたが今の構えからの一閃。 やはり、そうだったか………だが、そうなると………」 「何を一人で吐かしている。今、避けたということは闘う意志有りと見る。ならばもう容赦は要らない」 「もう、お前と闘う意味が無くなった」 今度ははっきりと、相手が脚に力を入れ、今にも斬りかかろうとした時、相手にも聞こえるように述べた 彼女の動きが一瞬で制止する 「どういう意味だ?私としては既に一人の武士として闘いたいという所存なのだが…………」 動きは止めたとは言え、未だいつでも斬りかかれるように構えてある 「俺にとっての本来の目的、お前の名を知る必要が失くなったからだ」 彼女は眉間に皺を寄せ、エドワードを睨む 「理由は二つある。 一つはお前の流派―――剣技では俺に勝てないということ」 彼女はより一層眼力を増して睨む その眼には既に自身の剣の否定からの殺意すら感じ取れる 「まぁ、話は最後まで聞け。 二つ目の理由は俺がお前の曾祖父からの知り合いで、勿論祖父、祖母、父親、母親………およそお前に関わる人物とは知り合いで、むろんお前とも会っている」
/262ページ

最初のコメントを投稿しよう!