迷探偵・長谷川光次

その子は泣いていた

菊池敬介

1時間29分 (53,217文字)

125 3

あらすじ

知人の弁護士から依頼された仕事…それは遺言公開の立ち会い。 ワケありの一家ということだが、なぜか気持ちは惹き付けられた。 私立探偵の長谷川光次は、知人と共に秋月家へ向かうことに… そこで出会った一人

タグ

感想・レビュー 1

>「ここで一晩を明かすと…?」 「そうです。それで皆さんが無事だったら…僕の容疑は晴れる。 皆さんもそれで構いませんか?」 晴れないでしょ
ネタバレあり

この作者の作品

もっと見る