◎勇気

22/22
2412人が本棚に入れています
本棚に追加
/751ページ
辻村人気のせいで、ブーイングや罵声でも浴びせられるかと覚悟したけど、意外なことにその反対だった。 『いいぞ~~辻村』 『やるじゃん!辻村かっけ~~よ』 『応援するぜ』 『篠原、がんばれよ!!』 『美里!おめでとう』 ひときわ大きい声は里香。 ヒューヒューと指笛まで飛び始めた。 「・・・あいつら・・・」 辻村は苦笑いしてるけど、内心嬉しそうだってすぐわかる。 しかも若干照れているし。 少し顔を赤くしている辻村は子供みたいで、ちょっとかわいかった。 もちろん辻村にはそんなこと言わないけど。 辻村はゆっくりと私の体を優しく離した。 そして笑って言った。 「あいつらが全員が俺らの約束の証人みたいなもんだ。俺はずっとお前の事が好きだ。俺もこれからがんばるよ。だからお前もがんばれよ」 「はい!」 私はおおきくうなずいた。
/751ページ

最初のコメントを投稿しよう!