会社員時代

7/55
6209人が本棚に入れています
本棚に追加
/1106ページ
町田とも久しぶりだったので、みんなでゆっくり話をしていた 義男 「そう言うたらこの前、竜司のお姉ちゃんと会ったわ」 自分は、「あっつ、この子のお姉ちゃんやったんや」 と、前の和との時の事を思い出した 町田 「一美と会ったん?何処で?」 義男 「ここでやん~和と誠と一緒に来た時な」 町田と竜司のお姉ちゃんは同級生で仲も良かった 誠 「そや、彼と一緒に来てた子やな」 と、自分が言うと竜司の顔付きが変わった 町田も「あっ!」と言う顔で自分を見たが自分は何の事かさっぱり分からなかった 自分が町田と竜司の顔を交互に眺めていると・・・ 町田 「竜司が嫌ってるんや・・・その彼の事な」 誠 「竜司君ごめんな、いらん事言ったみたいやな」 竜司 「全然!誠さんが気にしなくても・・・」 こんな感じで微妙な空気が流れていたが、どちらかと言えばお祭り男の町田は話題を変えて楽しいお酒に成っていた 適度にお酒も進んだ所で
/1106ページ

最初のコメントを投稿しよう!