第一話

5/5
249人が本棚に入れています
本棚に追加
/110ページ
「いや、言わないでおくよ。 真琴が悲しい思いしないようにね。」 「八重は優しいね!」 「透、八重は優しいんじゃないよ? 分かってる? 嫌味を込めて、だよ?」 「そうかな……。」 「俺が優しくないとでも言いたいの?真琴。」 「い、いや?!」 「真琴超キョドってんじゃん。 八重強いねー!」 「まぁね、あ、そうそう。 真琴、肝心な事忘れてんじゃん、あのプリントは?」 「ああ、忘れてた! んーと……。」 真琴はカバンの中を探る。
/110ページ

最初のコメントを投稿しよう!