TRUE LOVERS

13/13
1139人が本棚に入れています
本棚に追加
/164ページ
「っはぁッ…はっ」 「大丈夫?」 「ん…何か中すご…」 「翔くんがとんでもない事口走るから…っ!」 むきになって反論するアガサを見て翔も笑った。 「…嬉しい。アガサさん」 ん、と差し出された唇に触れるようにキスをした。 「大好きだよ、翔くん…」 優しく抱き寄せて額にキスをした。 ー愛しい。 君が愛しくて堪らないよ。 無邪気で可憐で、かと思えば意思が強くて凛々しくて。 だけど泣き虫で寂しがりや。 そんな君に魅了されたあの日から、全ては始まっていたんだね。 あの清々しい秋の日からー… 腕に抱いた柔らかな身体を包み込むように、アガサはそっと翔を抱きしめた。
/164ページ

最初のコメントを投稿しよう!