三国五雷記

雷より生まれ、人外の能力を持った、三国時代を巡る五人の物語

勁草

14時間59分 (539,334文字)

2,867 165

あらすじ

  後漢末期二○七年、中国大陸。 黒雲が空を覆い、五本の雷柱が各地に墜ちた。 それから現れた五人の者――彼らは雷人と呼ばれ特異な能力を用いた。 あるいは戟を巧みに操り戦い、あるいは心を読む。 雷人はた

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品