殺し屋な日々

1/1
6864人が本棚に入れています
本棚に追加
/286ページ

殺し屋な日々

日常と非日常は常に表裏一体の関係。 人は、日常があるからこそ非日常を理解することができる。 世界に非日常しか無かったら、それが人々にとっての日常になってしまうから。 戦争なんてものとは無縁の平和日々を日常と呼ぶ国もあれば、常に銃弾が頭の上を掠めるような日々を日常だと感じる国もあるのだ。 ようは、人の捕らえ方次第。 日常と非日常の間に境界なんて無い。あるわけがない。 だからこそ、日常と非日常は繋がっているのである。 日常の裏側には非日常が存在する。そんなことは当たり前。 しかし、そんな日常も、非日常側から見たのなら裏側。 所詮人の主観によって決定される違い。 故に少しでも足を踏み外せば、 当たり前だと思っていた日常は崩れ去り、すぐさま非日常に飲み込まれるのである。 それがこの世界の真理。 そしてこの真理は、 何の前触れもなく、誰にでも襲い掛かるものでもあるのだ。
/286ページ

最初のコメントを投稿しよう!