七夕の雨

4/19
120人が本棚に入れています
本棚に追加
/199ページ
 鼻の奥がツンとした。 「じゃあ、ママ、行くから」 「えっ、もう行っちゃうの?」 「うん。翼、はしゃぎすぎないようにね」  私はそう言うと、逃げるように病室を出た。目の端に翼の寂しそうな表情が見えたけれど、慰める余裕はなかった。  長い廊下、混んだエレベーター。私は病院を出るまでこらえることができずに、待合室の隅にしゃがみこんだ。点滴を吊ったキャスター付きの金属スタンドをごろごろ押しながら、パジャマ姿の男性が通り過ぎていく。  目の前にスッと、綺麗に折り目の付いたハンカチが差し出された。顔を上げると、大木が私を覗きこんでいる。 「大丈夫じゃないじゃないですか」  張りつめていた糸がぷちんと切れて、大きな塊の涙があふれた。 .
/199ページ

最初のコメントを投稿しよう!