・おまけのおまけ話

6/21
1199人が本棚に入れています
本棚に追加
/167ページ
太「できる限りがんばるけどさ。絶対に近くに居てくれよ。」 千「わかってるわよ。」 匡「じゃあ、最後にもう1回作戦内容確認するぞ。」 千・太「はい。」 その後、作戦の内容確認を終えて、3人は日垣がよく通っている会員制のbarへ向った。 午後8時。 日垣が毎日のように通っているという会員制のbarSTAYに到着した3人。 匡「太一用意はできてるか?」 太「もちろん。耳に通信機付けただろ。鞄の中に通信用の小型マイクも入れたし。」 太一はバッグの中を確認しながら言った。 千「そういえば、会員証どうするの?匡兄が用意するって言ってたけど。」 太「そうだった。会員証ないと店入れないじゃん。」 千奈の言葉に太一も思い出したように言った。 匡「あぁ、そうだったな。この名刺持っていけば大丈夫だ。」 匡一は自分のスーツのポケットから名刺を出して太一に渡した。 太「匡兄の名刺?」 太一が名刺を見て、そう不思議そうに言うと、 千「!まさか匡兄あの店買ったの?!」 千奈がはっとした顔をしながらそう言った。 匡「今日は千奈の方が勘がさえてるな。」 太「えっ、マジで買ったの?!」 匡「あぁ。この店について色々調べさせたら、結構利益が出そうな事があったからな。それに、買っておいた方が作戦も進めやすいからな。」 千・太「………。」 サラッとそう言う匡一に2人は何も言えなかった。
/167ページ

最初のコメントを投稿しよう!