最も大切なもの

4/6
2780人が本棚に入れています
本棚に追加
/148ページ
  ホテルの自動ドアを抜け、そのままエレベーターへと向かう。   彼に教えてもらった部屋のある8階のボタンを押した。     エレベーターを降りて、部屋の番号を見ながら進んでいった。     807。     ドアをノックすると、暫くして彼が顔を見せた。     『久しぶりだな』   彼の口調はいつもと何も変わらない。     『うん、久しぶりだね』   そう言ったアタシを彼が抱きしめてきた。     彼のスーツから微かに女物の香水の甘い匂いがした。     『アタシね、今日を最後にしようと思って此処に来たの』   彼はアタシの言葉を聞いて身体を離すとちょっと驚いた顔をして、すぐに笑った。     『そっか、残念だな。俺は真理との付き合い続けたかったけどな』   そう言った彼の傍に寄りアタシはその唇に自分の唇を押し当てた。      『今日、最後にアタシを抱いてくれる? もう二度と貴方と会えないから……』     離れた唇が再び触れ合いアタシ達はベッドに倒れ込んだ。     彼の体温を直に感じ、彼の唇を全身に感じ、やはりアタシはこの男がたまらなく好きなんだと改めて思った。     『雅人……好きよ』   『真理、俺も好きだよ』     アタシの目から涙が零れる。     初めて彼が口にしてくれた言葉。     それは今日が最後のアタシへの優しい嘘……。      もっとその言葉を聞きたかった。    
/148ページ

最初のコメントを投稿しよう!