前作のあらすじ

3/8
43865人が本棚に入れています
本棚に追加
/140ページ
  俺の名は井上 聡(イノウエ サトシ)。元空手部主将だ。誠達と共に生徒会の任期を終え、今は実家の道場を手伝っている。   生徒会役員に抜擢された大河達に、嫌がらせをする奴らが現れて、その主犯格の宮野 那奈(ミヤノ ナナ)が賢司(ケンジ)という頭のイカれた男と手を組み、大河達に卑劣な事をした……。   大河達にはほんとに申し訳ない事をしたと今でも思っている。 これ以上やられない為とはいえ、大河達に痛い怖い思いをさせてしまったからな……。   俺達の作戦が功を奏し、大河達への嫌がらせはなくなったが、宮野は立花高校を去り、賢司は大河に異常な執着を見せた。   大河を守り、傷を癒すため、彩音の豪邸で俺達は合宿をする事になったんだが―― 俺にはここをうまく説明出来んな……。   もう! だから僕のパートって言ったじゃん!   すまん……ここは任せる。   はいはーい。ドッキドキの合宿がスタートして、衛土と部屋を共にする事になった美弥ちゃんは衛土への想いに気付くんだよね。   一方麗子ちゃんも孝太郎への想いに気付くんだけど、それと同時に孝太郎が卒業生で元生徒会役員のさくらちゃんを想ってる事にも気付いちゃうんだよね。   美弥ちゃんも彩音ちゃんの叔父さんでもあり、伊集院病院の院長でもある宵威(ショウイ)先生から、さくらちゃんの存在と衛土を想ってた事を知るんだよね。   ほんとさくらちゃんは芯の強い優しい子だから、孝太郎だけじゃなくて、聡も好――   よっ余計な事を喋るな! やはり俺が引き受ける。    
/140ページ

最初のコメントを投稿しよう!