武士なら

5/21
10284人が本棚に入れています
本棚に追加
/931ページ
「止まれ❗止まらぬと切るぞ‼」 見張りの一人がそう叫んだが、 怜は無視して先を行く。 ついに、見張りの一人が刀を抜き、 怜に、切りかかってきたーー…。 「うわぁぁぁぁあ‼」 声に怜は振り返る。 ーー何こいつ……。 怜は驚くよりもそれ以上に呆れてしまった。 あまりにも酷い切りかかり方に…… ーー声が大きいだけで、 隙まみれ。 スピードも遅い。 あれじゃあ人を切るなんてとても……ーー 怜はあっさりと見張りの攻撃を避けて、 ついでに足を引っ掛けた。 「うぎゃっ⁉」 情けない悲鳴を上げて頭からすっ転ぶ男。 男は刀を手放してしまい、 彼から少し離れた地面に突き刺さる。 ーーおまけに足元まで留守か……。 これじゃあ素人に毛が生えた程度だな……。 いや、それ以前に相手の力量がわかっていない時点で駄目か。 じゃあ素人以下だね……ーー 怜は、はぁと小さなため息をついて、 男に近づく。 刀も地面から抜いた。 †
/931ページ

最初のコメントを投稿しよう!