タイムリミット

6/14
1375人が本棚に入れています
本棚に追加
/1258ページ
「ねぇ、やっぱ許してあげられないの?」 『…今は無理』 まぁそうだよね… 「でも好きなんでしょ?桔梗ちゃんの事」 『…うん』 俯いたままの百華ちゃんだけど、素直に認めた。 「だったら別れるのは間違ってると思うよ?」 『どうして?』 「だってさ、好きだから一緒に居たいでしょ? 好きだから許せないんだもんね、百華ちゃん。 許せないのはいいと思うよ…それが百華ちゃんの今の気持ちだと思うからさ… でも別れちゃったらさ、そこで終わっちゃうじゃん?百華ちゃんの性格だとさ、もし今別れて、時間が経って許せた時にヨリ戻すとかできないんじゃない?」 百華ちゃんはそういうタイプだ。 自分から言い出した手前、今更都合のいいようにはできない人だ… 『…うん…け、けど…もう別れたって言っちゃった…』 「まだ遅くないよ?取り消しちゃえば? 先の事はそれから考えればいいと思うよ」 『…でも、もう桔梗ちゃんに愛想尽かされてたら…?』 「あ~それは絶対ないない!!桔梗ちゃんは別れたくないってずっと言ってたじゃん」 『でも…気が変わってるかも…』
/1258ページ

最初のコメントを投稿しよう!