ACT.25 サイコロジカル・アタック

3/33
8379人が本棚に入れています
本棚に追加
/508ページ
「ま、今回は大規模な作戦だし顔会わせる確率の方が少ないか」 得意げに言うユーリの回りには、やがて他のイーサー達が集まってくる。 「こいつッ!ビクトール!俺の頭をアフロにしやがった火炎男だ!……あ、死んだのか」 「それよりブレアとかいうクソ女のデータ出してよ。AK47で横っ腹ブチ込まれたんだけど」 「単細胞のジェットの弱点は書いてねえか?有効な武器は消火器とか言うなよ」 それぞれ因縁の相手をユーリのパソコンから探そうと躍起になる中、黒人の大男スクリューもそれに加わってくるのであった。 その左手の小指の付け根から先は失われている。 「蒼の死神だ。スローデンでの借りがあるからな」 「ああナイトレイドね。さっき見たけど1週間前にリバーゲートで重傷を負ったらしいよ。今は戦える状態じゃないっぽい」 「チッ、張り合いのねえ」 ユーリの言葉に舌打ちするスクリューとは対称的に、嬉しそうに笑うのはボーグだった。 「へェ、番犬は休業中か……。好都合だぜ」
/508ページ

最初のコメントを投稿しよう!