~後編~

32/64
1416人が本棚に入れています
本棚に追加
/1153ページ
『蓮さん……』 呟く俺に蓮さんは後ろ姿のまま顔だけを横に向け、 「才能は、時として足枷になる……とだけ言っておこうか、俺は修也程人が出来ていないんでね?サービスさ」  鼻を鳴らす様に軽く微笑み部屋を出て行った蓮さん、一つのヒントと、意味深な言葉を残して。 『あし……かせ?才能が、俺を邪魔するって事?』 ――どう言う事だろうか。才能によって妬まれる事? ――そうか、そう言う事か!確かにそう言う意味では足枷になるな  蓮さんのおかげで修也さんの言葉の謎も解けた、これだから蓮さんには憧れるよホント! ―…タバコに火を点け、輪を作って弄ぶ遊人。 ――けど、修也さん程人が出来てないってどういう意味だ?まぁ、謙遜してるだけか? 『そういう所もカッコイイよな……フフッ』 ――とにかく、妬みに負けない様に心を強く持てって事だろ?俺には俺を応援してくれる仲間もいる だからもう大丈夫、俺は壁を乗り越えられる筈。  気分の良くなった俺は殆どタバコを吸わず消し、マネージャーに頼み、蓮さんのテーブルのヘルプに行かせてくれと半ば強引に頼み席に着いた。  いきなり押しかけた俺に蓮さんは初め何だ?という顔をしていたが、 「くつろぐと良い」 そう言って何だか高そうな赤ワインを注いでくれた。 『頂きっす!うわ!!木の味する!!』 「……せめて、樽と言ってくれないか?」 『ははっ、それです!』 ―…蓮のヒントに対して遊人の解釈は間違っていた。 ―…この間違いもまた遊人を狂わせる。 ―…一つずつ掛け違えていくボタン ―…狂い出す歯車 ―…そこに忍び寄る影は…… ―…すぐそこに居る
/1153ページ

最初のコメントを投稿しよう!