ハンマーLOVE‐その1‐
全5/15エピソード・休載中
6/26

ハンマーLOVE‐その1‐

ウルスとレイドは集会場で食事をしていた。 「さぁ!これから狩り場へ向かうんだから、しっかり食べなくちゃな!」 ウルスはいつも以上に張り切っている。 「おいおい。行く前から張り切り過ぎじゃないか?」ウルスの張り切りぶりを見て心配そうにレイドが言った。 「大丈夫だよ!なんたって、これから狩りに行くのは“角竜、ディアブロス”だからな!」 ステーキのソースを口のまわりに付けたウルスがご機嫌に言った。 「ディアブロス討伐の前なのに笑ってられるか~?普通……」 レイドが飽きれてウルスに言うと、ウルスはニッコリと満弁の笑みを見せた。 (気持ちワリィ。) レイドが心の中で呟いた。 その時、ウルスの後ろに伝説の龍、“ラオシャンロン”の素材を用いたハンマー、“ドラゴンブレイカー”を背負った、ゲリョス装備の男が立っていた。 「ウルス・ラグロスくんだね?」 ゲリョス装備の大柄な男がウルスに言うと、ウルスは咄嗟に男のほうを振り返った。 「そうですけど……何か?」 ウルスが男に言うと男はホッとした様子で話し始めた。 「やっぱり!小さい頃の面影があるからすぐわかったよ~!」 一体、この男は何を言っているのかウルスには理解出来なかった。 「あの……どちら様……?」 ウルスが男にたずねると、男は“カッ!カッ!カッ!”と笑った。 「まぁ、私を覚えていないのも無理はないか!キミが小さい頃に一度会った程度だもんな!」 そう言うと男は親指で自分を指して誇らしげに自己紹介をした。 「私はハンマーを愛するハンター、“ジェフティー・ガンファイン”である!“ジェフ”と呼んでくれ!そしてキミの父、ガンツ・ラグロスの一番弟子である!!」 ………ウルスとレイドはただ唖然として高笑いをするジェフティーという名の男を見つめていた。
6/26

最初のコメントを投稿しよう!