小さな手に幸せを…

8/8
2568人が本棚に入れています
本棚に追加
/89ページ
  夕日を背中に受けながら歩く帰り道、聡美が口を開く。     「ねぇ真ちゃん、子供が男の子なら《桃太郎》と《金太郎》ってどう?」   「はぁ?」   「なんかいいでしょ?」   「…………」   「あ、女の子だったら《まな》と《かな》っていうのは?」      (それって……)        「名前は、俺が考えるよ」   「そう? じゃ真ちゃんに任せようかな。でも考えて煮詰まったら言ってね」    そう言う聡美に、一応頷いてみせた。          子供達よ……     心配すんな。     俺はちゃんとした名前を付けてやるからな。     お前達と手を繋ぐのを楽しみにしてるから……     元気に生まれて来いよ。       待ってるからな。         繋いだ聡美の手をもう一度ギュッと握った。        小さな手が幸せを掴むのを想像しながら……。       俺達の幸せもずっと続く事を確信しながら……。                 …FIN…        
/89ページ

最初のコメントを投稿しよう!