始まり

9/68
2143人が本棚に入れています
本棚に追加
/86ページ
その時 ─ガチャッ 「おいッ! 何外で叫んでんだ中に入れ!」 タオル姿の人が扉を開けて、ガシッと効果音付きで僕の腕を掴んだ 「のあ゙ー!! 掴まれたァアア!」 もうパニック中 「そんなに叫ぶな! 俺がなんかしたみたいだろーが! とにかく中入れ!」 僕は腕を掴まれ部屋の中に連れられた。 「何後ろ向いてんだよ。 そんな俺の顔がこえーか!? それにしたってビビり過ぎだろーが」 まぁ確かにタオル姿の人の顔は優しそうでは無い、逆に街にいたらヤクザにでも間違えられそうな顔だ でも輝羅の家業も家業なので全く怖くない 輝羅が後ろを向く理由は… 「そおじゃなくてっ ふ、服早く着て!」 「なんだよ タオル巻いてっから大丈夫だよ」 「それでも服着てぇっ」 _
/86ページ

最初のコメントを投稿しよう!