いつかまた残雪の海辺で

僕と彼女のほろ苦いコメディ

9 0

10分 (5,681文字)

あらすじ

試し書きの短編小説? 物悲しさと希望を感じる、 『冬から春にかけての海』 のイメージそのものを、若い男女のすれ違いとその結末で形にしてみました。 読みながらあなたの顔がションボリしたりニヤニヤしたり出

タグ

タグは登録されていません

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作品を含む作品リスト 1件

その他情報

公開日 2007/3/23

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る