春の嵐~出会い~

3/10
15863人が本棚に入れています
本棚に追加
/227ページ
「おい、山岡、たまには、5分早く起きて、味噌汁一杯食べてからこいよ」 門をくぐると同時に声をかけてきたこの男、桜井駿一。 この四月に、他校からの転任で赴任してきた26歳の体育教師。 体育教師なのに暑苦しくなく、汗なんて無縁そうな感じの爽やか系で早くも、女子生徒の中で、人気がある。 ただ、クールで、話しかけても、普段は、ほとんど話さない。 ん?私とは、喋ってる? そりゃ、もう一学期始まってからほぼ毎日遅刻ギリギリですから。 「せんせ、味噌汁飲んでたら、私、猫舌だから、5分で済まないよ」 「なら、10分早く起きろよ」 「そんな時間あったら、メイクに時間かける」 「あー、わかったから、遅刻な」 「えー、せんせ、今日だけ、おまけしてお願い!」 「ったく、早く行け。SHRに間に合わないと遅刻だぞ」
/227ページ

最初のコメントを投稿しよう!