蘇る悪魔

16/16
17041人が本棚に入れています
本棚に追加
/1475ページ
これで終わりましたね、最後の不良は痙攣して気を失ってしまいました。 「ハー……! ヒッヒヒ!」 「洋司さん、もう終わりです。」 ポン ブォン! 「……!」 洋司さんの肩に手を置いた瞬間に裏拳が……なんとかかわしましたが…… 「ハー……! スゥー……フゥー……」 「……深呼吸して落ち着きましたか?」 「あぁ……悪い……もう大丈夫だ。」 「そうですか……それにしても凄い豹変ぶりでしたね。」 「んー……スイッチ入っちゃうとわけわかんなくなって、見境なくなるんだよな……ホント、椿ちゃん達連れてこなくてよかった。」 本当ですね、お嬢様達があんな洋司さんを見てしまったら…… 「そうだ! 姫野!」 洋司さんが慌てて姫野さんに駆け寄りました。 「おい、大丈夫か!?」 「うっ……兄貴? あいつらは……?」 「……もう終わった、心配すんな。」 「そっすか……すいませんっした……迷惑かけて……」 「迷惑かけてんのはこっちだ、こんなになってまで俺らのために動いてくれたんだからな……さっ、お前の妹が心配してんだ、帰るぞ。」 「はい……ッ!」 「おい姫野!」 「酷いやられようですね、一旦病院へ連れて行きましょう。」 「あぁ……ったく、無茶しやがって……」 「へへ……すんません……」  
/1475ページ

最初のコメントを投稿しよう!