【プロローグ】
全1/4エピソード・休載中
1/4

【プロローグ】

『…はぁ…はぁ……くっ。』 サスケはよろけて、近くにあった像の陰に身を隠した。腕や足からは血が滴っている。 男が走ってきて立ち止まる。 『…はぁはぁ…った!?』 波久礼(はぐれ)が息を切らしながら言う。 すぐ別の方から羚紅(れいく)が、これも同じく息を切らして止まる。 『…っはぁ…そっちにいた!?』 『…いや、いない!くそっ!!…よりによって俺たちが見張ってる時に逃げ出すなんて!!どこに行きやがった!?』 怒りの表れか地面から水蒸気が立ち込める。 『こんなところで烈してもしょうがないわ!もう一度探すわよ!!あなたはあっちを探して!!私はこの先の方を行くから!』 『わかった!!急がねぇと…閻絶に知れたら俺らがヤベェ!!』 そう言うと二人は走り出した。 しばらく沈黙が続き。 『…っふぅ。なんとか巻いたみたいだ…。はぁ。まさかこんなに早くバレるとは…。人形おいて来たのになぁ。オイラもまだまだなんね。さて、とりあえず見つかる前にさっさと出ないと!』 呟くとサスケは片腕を押さえ息を殺しながら、精一杯の早さで城の外へなんとか抜け出した。
1/4