二十七 殺らなきゃ殺られるんだ

12/12
7713人が本棚に入れています
本棚に追加
/688ページ
勝が聞き返す 「俺はそこの局長をちぃーっと知っとるぜよ!」 「初耳だな」 「ま、いずれ会うことになる。敵か、味方か、どちらにしても」 坂本は楽しそうに笑った。その話を聞いて真鶴も話に参加する。 「俺も会いたいな、新選組に」 「なんじゃ、鶴、知ってるのか?」 「ああ、凄く、知ってる」 懐かしむように真鶴は言った。それを見て勝は顔を上げて二人の顔を見た 「じゃあこの話は知ってるか、京に現れる鬼姫の話を」     
/688ページ

最初のコメントを投稿しよう!