増える壁

11/17
20842人が本棚に入れています
本棚に追加
/659ページ
  「てゆーか、どうして俺の家知ってんだよ。」 「え!?いや…っ、別にそんなことどうだっていいでしょ!!細かいところまで気にしちゃってさ!!気持ち悪い!!」 「……………。」 俺は女の前から離れ、ベッドに座った。 わざわざお礼を言いに来てくれたのは嬉しいけど…、色々と余分だろ…。 「ねぇ、あんた。」 「あ?」 「あの夕妃とかいう女と…、どういう関係なのよ。」 「ぁあ?なんだっていいだろ。」 「あ~、隠すんだ。やらし~。」 はぁ~~~~……? もう意味わかんねぇ!! 「ただの幼なじみだよ。」 「ふ~ん?嘘でしょ。あんた、彼女のこと好きなんでしょ。」 「な…っ、ち、ちげーよ!!」 「なに動揺しちゃってんのよ!!認めてるようなもんじゃない!!あ~汚らわしい!!男と女が一つ屋根の下で……。一体夜何してんだか。」 やべぇ。今最強にイラッときた。 俺らのことを、そうやって軽く見られると、無性に腹がたつ。 夕妃は忘れちまってるかもしんねぇけど、俺にとって夕妃とかわした《 約束 》はなによりも大切なことなんだよ。 それを、知りもしないで…。 「勝手に妄想しとけよ。俺今最強に苛立ってるから、早く帰ってくんない?」 女は最後に「あんたのお母さんいい人だね。」と、意味のわからないことを言い残して家から出ていった。
/659ページ

最初のコメントを投稿しよう!