第3章

2/5
248人が本棚に入れています
本棚に追加
/25ページ
ナルト視点に戻ります 黒龍・・いや奈良シカマルとの任務が終わって瞬身で里を走った 影分身を出し表の『うずまきナルト』が住んでいるアパートに向かせては本体の『ナルト』は死の森の奥にある自宅に向かった。 結界を張り誰にもわからないさらにはトラップを仕掛けた場所に自宅があった。 父親・・・四代目が残してくれた俺への(他にもあったが)最後の遺産らしい・・・ 結界を抜けるとそこには屋敷が見え周りには色とりどり綺麗な花が咲いていた。 「ただいま・・・」
/25ページ

最初のコメントを投稿しよう!