結果…

7/48
594人が本棚に入れています
本棚に追加
/366ページ
「そう……やっぱり…敵わないな」 「ヒナ…」 ヒナは俺に背を向けて夕陽を見つめた 「涼君。私ね、彩花のことがずっと羨ましかった」 「…え?」 「だって、小さい頃から涼君と一緒にいれて、私の知らない涼君をたくさん知ってるんだもん」 「……」 「私、彩花になりたかった。本当は私が…涼君の幼なじみになりたかった」 「ヒナ…」 「なんて…こんな事言っても仕方ないのにね…」 「……」 「あーあ!振られちゃったか!まぁ、そうなることは覚悟してたんだけどね」 「え?」 「中学の時からそう。2人の間には私が入り込めない何かがあったの。だから、分かってたんだよ?最初から、私じゃ無理だって……」 「……っ」 そう言うヒナは涙をこらえていた
/366ページ

最初のコメントを投稿しよう!