序章 悪夢

2/12
1724人が本棚に入れています
本棚に追加
/13ページ
モノクロの一松模様の床に少年は一人立っていた。 燃え盛る炎色の頭を抱え、同色の目を怯えに見開いて。 彼から数歩離れた場所を、人壁が取り囲む。目が回っているのか、彼らの顔はぐるぐる巡る。 ──君は炎魔法の神童だ ──名も無き貴族の血を引くらしい ──あれが北の長、カーライト一族 ──さすが赤い獅子譲りの腕前ですね 飛び交わされる、虚しいほど空っぽの言葉。 耳を塞いでいるのに、言葉は指をすり抜け、脳髄に直接届いた。 「フレイ、お前は優れた力量を持っている。それ故、利用したがる輩もいるわけだ」 兄の分析はあくまで冷徹に。 「相手はお前の立場を使いたいだけなんだぜ?」 親友の皮肉は労りを見せ。 「私も貴方も、結局ただの道具なんだわ」 幼なじみの嘆きは悲しく響く。 唐突に周囲は炎上し、視界は赤一色に染まった。 「ああ、そうか。貴様、器だな?」 炎の海の向こうで語りかけるのは、人成らざるもの。 「それは貴様が一番知っているのではないか?」 メスのような言葉の群れはどこまでも正確に心を抉る。 「感情が走る時、貴様以外の意思を感じたことはないか? 凡人より消費する質とは言え、養分を過剰に摂取することはないか? 他人の顔色ばかり伺い、自身の意思を希薄に感じたことはないか?」
/13ページ

最初のコメントを投稿しよう!