01

6/17
5700人が本棚に入れています
本棚に追加
/130ページ
「で、副会長が何か用?」 「…相変わらず堅苦しい 呼び方だね、前川さん。」 「副会長に言われたくないな。」 ふぅ、と副会長はため息をつくと 手に持っていたものをを出す。 「これ、今日使う資料。 あの無能会長は原稿を読む しか出来ないから前川さんに 最終チェックお願いするね。」 「梨乃が聞いたら怒るな。」 「…リノ?」 ひょこり、と私の背中から 梨乃が現れる。 「初めまして。 無能会長の恋人です。」 少なからず、驚いた顔の副会長。 次の瞬間。 「腹黒猫かぶり副会長。 千絵からお話し聞いてます。」 爆弾を落としていった。 「へえ、前川さん。」 「な…なんでしょう。」 「結構、いい度胸だね。」 ふわり、と笑う絶対零度の笑顔。 梨乃のばかー! .
/130ページ

最初のコメントを投稿しよう!